2012年 12月 17日
セット 2ヶ月目のクリスタルキューブはどうなってしまったのか
うちの Windows XP の方のノートパソコンで、「あさのうぉーきんぐ」などを変換させようとすると、必ず「朝のウォーキング」ではなく「浅野ウォーキング」になってしまう。
何度学習させてもダメだ。っていうか、単純に「あさの」を変換させようとしても必ず最初は「浅野」が選択されてしまう。

そこでしょうがなく「朝」というのを人名で登録した。つまりこれで「鈴木のウォーキング」と同じことになるわけです。
この手でちゃんと「朝のウォーキング」と変換するようになった。

何とお馬鹿な漢字変換なのだ。三歳児よりひどいな。
やれやれです。

さて、ここのところ、超低濃度肥料で管理しているプラチナソイル水槽(60cmソイル水槽)の話題ばかりお届けしていました。

今回は久しぶりにクリスタルキューブの「三つ石(みついわ)の魂、百までも」に関するお話です。

セット 2ヶ月目のクリスタルキューブはどうなったでしょうか・・・。




e0218553_184646.jpg

これが現在のクリスタルキューブ。こうして離れて見ている限り、一見何の問題もなさそうです。

e0218553_1841820.jpg

しかし実は近づいてみると、 例のカリウム過多 の影響で、全ての水草が小さくて元気がないです。

一番右のグリーンロタラも、その隣のミリオフィラム・マトグロッセンセも、他の水槽と比べると、まるで子供のように小さい。

普通水草の元気がないと、どうしても我々は肥料不足を疑ってしまいますよね?
それでせっせと施肥してしまったのがいけなかったようだ。

e0218553_1843185.jpg

もう一つ、ショート・ヘアーグラスの黒髭ゴケも問題だった。

これはセット 40日目ぐらいの状況。
セットして 1ヶ月とちょいでここまで黒髭ゴケが発生したことなど、最近では全くなかった。

もっと近づいてみましょう。

e0218553_1844522.jpg

こんなのもう、見事しか言いようがない。こんなにぷっくりと黒髭ゴケが付くもんなんだろうか・・・って感じ。

まあ黒髭ゴケが付着しているのは、やがては枯れてなくなってしまう水上葉ではある。
だけどそれにしても・・・すごい。

カスタムソイルにも肥料分は入っていたのに、更にそこにイニシャルスティックとカミハタ・スティックを最初に入れてしまったのがいけなかったのだろう。

イニシャルスティックはともかく、カミハタ・スティックには黒髭ゴケの大好きなリン酸が入っていますからね・・・。

あと、セット 8日目に魚類を投入してしまったのも、やや早かったようだ。
今回は全く一からのリセットだったのだから・・・。

e0218553_1845973.jpg

で、現在はどうなっているかというと、その水上葉がなくなり、綺麗にはなった。
だけど 2ヶ月でこの繁茂の遅さもちょっと問題だ。

今まではこれも、うちはアマゾニアなどの肥料系ソイルじゃないから、つまり貧栄養だから遅いのだろう・・・と考えていた。
しかし今では全く逆なのではないかと思っている。カリウム過多がブレーキになって、遅いのではないかと・・・。

ぶっちゃけ、一からやり直したい気分です。
だけどまあ、ここは我慢してみよう。肥料過多はそのうち徐々に収まってくるはずだ。

結局この水槽、窒素もリン酸もカリウムも全て多いってことになってしまう。
どうもこのあたり、私は根本的に間違っていたようだ。

少なくとも私が使っている鎌倉の水道水にはそこそこの栄養素が入っているから、たとえ吸着系のソイルであろうとも肥料分は少なめでいい・・・というのが現時点の私の見解だ。

e0218553_1851099.jpg

それをこのプラチナソイル水槽(60cmソイル水槽)で実感している。肥料分は規定量の 2/3 、魚類はわずかカージナル・テトラ 5匹で水草が生き生きと育っているのだから。

一時問題だった白濁の方もすっかり収まって透明度も抜群だし、見ていて気持ちがいい。
この水槽が、あの 肛門水槽 だったなんて、ウソのようだ。

しかし実はこちらにも、若干の魔の手が迫っていたのであった・・・。

↓ 水草ブログに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

by KamakuraAQUA | 2012-12-17 18:08 | クリスタルキューブ


<< 貧栄養であるはずのプラチナソイ...      超低濃度肥料水槽、プラチナソイ... >>