「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:アクア考( 11 )

2012年 12月 14日
超低濃度肥料水槽、プラチナソイル水槽の気になる「あの部分」
e0218553_1885490.jpg

もう紅葉の季節は終わりましたが、浄智寺(じょうちじ)の奥でこんな光景に出くわしました。
背後に最後の紅葉が映っていますね。

このときはコンデジしか持っていなかったんで、何とかそいつで撮影。

バックの紅葉を飛ばさないために -1.3 の露出補正をかけてあります。たまにはこのように極端な露出補正も必要ですね。
左下に灯りが灯っているのは、このときがまだ朝の 6時台だったからです・・・。

さて今回は、超低濃度肥料で管理しているプラチナソイル水槽(60cmソイル水槽)の窒素充足度に注目してみたいと思います。

気になる「あの部分」を仔細に観察して・・・。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2012-12-14 18:13 | アクア考
2012年 12月 05日
大どんでん返し! うちの水槽はカリウム過多だった?
e0218553_17381123.jpg

私は毎朝源氏山という鎌倉にある山までウォーキングをしています。
源氏山には沢山の猫がいて、時々こうして撮影しています。

この 3匹は親子。一番手前の体がやや小さいのが母親だ。
この 3匹は全く人馴れしてなく、近づくと逃げてしまう。スキのない顔しているでしょう?

だからこれが限界。
本当はピンと立った尾っぽをすべて写しこみたかった。そういった意味で、写真としてはイマイチですね。

さて、今回は 「絶対にコケを出さない管理法」 の続編的な話です。
いや、続編のつもりが、じつはこちらが本編になってしまった。

長いよ・・・。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2012-12-05 17:47 | アクア考
2012年 12月 02日
絶対にコケを出さない管理法 後編
私はアクアも好きですが、登山も好きです。
でも今年はとうとう紅葉のピークに山に行くことができなかったなあ・・・。

e0218553_17552954.jpg
LUMIX DMC-G1 + LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


日本一登山客の多い 高尾山に行ったとき にも、ずっと曇天でさえない天気だった。
皮肉にも山を下りてから日が差してきた。

これはそのとき写した写真です。
まあ渾身の 1枚にはならなかったけれども「よし」とするか・・・。

さて、大仰なタイトルでスタートしたこのネタ。
前回は、水草の生長不良やコケの発生の原因として肥料過多を疑ったわけだが、もう一つ、大いに疑っているものがある。

それは・・・

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2012-12-02 17:59 | アクア考
2012年 11月 29日
絶対にコケを出さない管理法 前編
私はエキサイト・ブログでブログをやっているのだけれども、そのエキサイト・ブログには「記事別アクセス」というのを表示させる機能がある。それを見てみたら、ちょっと意外な結果が出た。

       1位 33.17% 85%の感動と 15%の失望(すみだ水族館 ネイチャーアクアリム) 後編
       2位 11.30% 85%の感動と 15%の失望(すみだ水族館 ネイチャーアクアリム) 前編
       3位 09.62% うちの水槽の最強スネール・イーターはこいつだ!
       4位 07.21% プラチナソイル水槽の憂鬱(白濁について)
       5位 07.21% 夜間のエアレーションについて
       6位 07.21% セットから1ヵ月半経った大磯砂水槽
       7位 06.73% プラチナソイル水槽の華麗なる 1週間


1位、2位は最新の記事だからいいとして、3位は「うちの水槽の最強スネール・イーターはこいつだ!」なんですねえ。これって 2011年3月5日の記事です。
5位の「夜間のエアレーションについて」だって 2011年5月26日の記事です。
案外古い内容にアクセスされているんですねえ・・・。

さて、「秋(冬?)の夜長」にふさわしく、また大仰なタイトルで迫ってみましたよ。時々私はこういう病気が出ます(笑)。

ちなみに書いてある内容は、ごく当たり前のことで、特に目新しいことは何も書いてありません。ただ私にとって大発見だっただけです。
それと私は 100% 文系人間なので、用語の使い方が正しくないかもしれません。まあどうか寛大な気持ちでてきとーに付き合ってください。

ではごゆっくりどうぞ・・・。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2012-11-29 17:35 | アクア考
2011年 11月 23日
ネイチャーアクアリウムと本物のネイチャー
e0218553_755423.jpg

私はアクアリウム以外にも登山(といっても低山が多いのだが)を趣味にしている。

この前は丹沢の畦ヶ丸(あぜがまる)という山に登ってきた。
畦ヶ丸は最初と最後にこのような沢ルートがあるから、ネイチャーアクアリウムの岩組みレイアウトの勉強にもなる。

で、私は畦ヶ丸登山で、ネイチャーアクアリウムと本物のネイチャー(自然)との決定的な差を感じてしまった。
それは・・・。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2011-11-23 08:30 | アクア考
2011年 10月 29日
主にガラス面から見る水草水槽のコンディション(暫定版)
週に 1度換水しているとする。その時当然ガラス面などの掃除もするだろう。
その換水から 1週間経ったときのガラス面の状態などで、水草水槽のコンディションをある程度知ることができる。

というわけで今回は「主にガラス面から見る水草水槽のコンディション」に関して、ちょっと気合を入れて 文字のみで真っ向勝負 してみます。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2011-10-29 18:01 | アクア考
2011年 05月 26日
夜間のエアレーションについて
e0218553_17545661.jpg

先日チャームでこれらのものを買った。エアーポンプなど、エアレーションの道具一式だ。
クリスタルキューブ(「鬼の首」)用にと思って買ったのだ。

というわけで今回は、昔からよく議論の的になる夜間のエアレーションについて、長々書いてみたいと思います。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2011-05-26 17:56 | アクア考
2011年 03月 10日
ひたすらイニシャルスティックを突っ込む台所水槽
今日は地元北鎌倉にある葉祥明美術館で「リバウンド」という4月から始まるドラマの撮影が行われたようです。
朝方浄智寺に撮影隊と思われる車両が何台も停まっていました。その中に主演の相武紗季と速水もこみちがいたのかもしれません(最近スターを見てないなあ)。

浄智寺ではミス鎌倉の選考会も行われていました。春だなあ・・・。

e0218553_19423356.jpg

さて、去年の10月29日にスタートさせたこの台所水槽の水景のタイトルは「五ツ石の草原 2」。
セットから丸4ヶ月以上が経過して、一応ほぼ完成の域に達した。

この水槽内では魚もエビも不審な死は遂げてないし、透明度等、環境的にはまずまずである。

でも施肥に関しては結構苦労した(苦労している)。
どうしていたかというと・・・。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2011-03-10 19:45 | アクア考
2011年 02月 19日
コケと施肥について 後編
さて、いよいよコケと施肥についての話の涙の完結編です。

魚があまり入っていない環境、あるいは水草が猛烈に繁茂している状況だと、こうなってしまうことがある。

       窒 素   ★★
       リン酸   ★★
       カリウム  ★★★★★

これではいくらカリウム肥料を適量施肥していても、今度は窒素・リン酸不足が起こってしまう。

こういう場合、どうしたらいいか。
一つの手としては「魚を増やす」というのがある。魚を増やせば窒素・リン酸分が増え、バランスが取れるからだ。魚こそは「窒素・リン酸発生装置」なのだ。

しかし魚を増やすにも限界があるし、そもそもあまり魚は水槽に入れたくない人だっているだろう。

この場合窒素・リン酸の入った肥料を施肥することになる。
しかしアクア用のは高いということで、園芸用のハイポネックスを利用する人がよくいる。

しかしこれはやめた方がいい。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2011-02-19 09:02 | アクア考
2011年 02月 16日
コケと施肥について 中編
さて、コケと施肥についての話の中編です。

水草水槽をやるようになった私にとって、最大の敵がコケだった。この 17年間(といっても、本当に熱中してたのはそのうち 5~6年だけれども)、いつも悩まされていて、「もう私には防げないんじゃないか」とあきらめかけていた。

それがどうやら何とかなりそうな気が、最近(少し)してきた。
分かっている人にとっては当たり前の話なんだけれども、しばらくお付き合いください。

<< 続きを読む >>
[PR]

by KamakuraAQUA | 2011-02-16 08:35 | アクア考