2011年 11月 26日
大磯砂水槽、完全リセット
e0218553_7453397.jpg

5月10日にセミリセットを行ったものの、もう一つぱっとしないのがこの大磯砂水槽。
ええと、ちなみに「ぱっとしない」のはレイアウトではなく環境です。この水槽は「水草育成水槽」なんでレイアウトの方はどうか見ないで下さい。

というわけでその環境だが、底床の洗い方や、フィルターをそのままにしたことに問題があったようで、いつの間にか緑藻・黒髭共に多めの状態になってしまった。

そこで今度こそ「完全リセット」を決意。目指すは「黒髭知らず水槽」である。




e0218553_746482.jpg

そこでまずは水を半分ほど抜き、魚たちを救出。

e0218553_7461974.jpg

魚たちを奥にある種水水槽に入れたあと、水を完全に抜く。

ちなみに魚たちへのダメージを考え、種水水槽には元の大磯砂水槽の水を半分は入れておいた。

e0218553_746318.jpg

大磯砂を表に運び出し、18年前に初めて買った水槽、ニッソーのニュースティングレー106 に入れ、徹底的に洗う。何しろ「完全リセット」だから徹底的に洗う。

こうやって水槽の中で大磯砂をがらがらと洗うと水槽が傷だらけになる恐れがある。だから新しい水槽ではやらない方がいいです。

e0218553_746436.jpg

「完全リセット」だから、濾材もハイター漬けにして洗浄する(バケツの中の汚い数字には、どうか注目しないで下さい)。

ちなみにキッチンハイターには毒性がきわめて強い界面活性剤が入っているらしいんで、普通のハイターを使った方が無難です。

e0218553_7465384.jpg

「完全リセット」だから、フィルターのこういう細かいところも洗う。

この 2213 はもう 17年ほど使っていると思う。とても丈夫なフィルターです。

e0218553_747648.jpg

ホースも長い間使っていると、まるでプラスチックのように硬くなるから、この際交換する。

この黒いホースは「テトラ バリューエックスパワーフィルター VX-75」を買ったときの余りものです。

ちなみに「 2010年 5月 インペラー交換 」と書いてあるのが笑える。流石にこういう部品は 17年も持たないですからね。

後半につづきます。

↓ 水草ブログに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしてください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

by KamakuraAQUA | 2011-11-26 07:48 | リセット


<< 大磯砂水槽、完全リセット その2      ネイチャーアクアリウムと本物の... >>