2011年 11月 23日
ネイチャーアクアリウムと本物のネイチャー
e0218553_755423.jpg

私はアクアリウム以外にも登山(といっても低山が多いのだが)を趣味にしている。

この前は丹沢の畦ヶ丸(あぜがまる)という山に登ってきた。
畦ヶ丸は最初と最後にこのような沢ルートがあるから、ネイチャーアクアリウムの岩組みレイアウトの勉強にもなる。

で、私は畦ヶ丸登山で、ネイチャーアクアリウムと本物のネイチャー(自然)との決定的な差を感じてしまった。
それは・・・。




e0218553_756788.jpg

沢ルートが終わると本格的な登山になる。
この日はご覧のようにほとんど曇っていて、肌寒かった。もう山は冬枯れの世界だ。

e0218553_7561489.jpg

ふとケータイをチェックしてみると、ご覧のように圏外だった。
ってことは、もしここで私が足を滑らせて骨折したりしても、誰にも連絡を取ることはできないわけだ。

助けを呼ぼうにも、山に入ってから誰ともすれ違ってない。恐らく今日はこのまま誰にも会わないだろう。

考えてみるとこれは恐ろしいことだ。

e0218553_7563182.jpg

だけどこういう恐怖心や不安感を感じることのない高尾山程度のハイキングでは、本当の自然(ネイチャー)に接することができないのも事実。
そしてそういう恐怖心や不安感を楽しんでいる私がいるのもまた事実だった。

これは子供のときにはあったはずの冒険心や、自然に対する畏敬の念に通じるものがあるのだろう。

そしてこのような感情は、決して部屋の中の趣味であるネイチャーアクアリウムでは感じることのないものだと思う。
これがネイチャーアクアリウムと本物のネイチャーとの決定的な差だ。

だからこそ天野さんもよく冒険の旅に出かける。そしてそこで出合った本物の自然を水槽内に再現しようとする・・・。

・・・と、偉そうに書いておきながら、「本物のネイチャー」を水槽内世界にちっともうまく再現できないところが私の大きな問題点なのだけれども・・・。

畦ヶ丸登山に興味のある方は、 季節(いま)を求めて丹沢・畦ヶ丸(あぜがまる)登山記 をどうぞ。

e0218553_7572672.jpg

そして私のアクアリウムの方はというと、ただ今大磯砂水槽をリセット中。

次に狙うは、恐れ多くも「黒髭知らず水槽」である・・・。

↓ 水草ブログに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしてください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

by KamakuraAQUA | 2011-11-23 08:30 | アクア考


<< 大磯砂水槽、完全リセット      私が影響を受けた本・ビデオ >>